ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育委員会 > 学校教育 > 市内小中学校の新型コロナウイルス感染症への対応

ここから本文です。

更新日:2022年7月11日

市内小中学校の新型コロナウイルス感染症への対応

唐津市立小中学校では、国・県の指導に基づき新型コロナウイルス感染症について共通した対応を行っています。

できるな限り全市統一の対応を行いますが、佐賀県や唐津市の感染状況によって対応が変わることもあります。また、地域や学校の感染状況でも対応が異なることがあります。

詳しくは、各学校の通信文書やホームページで確認ください。

学級閉鎖などの判断

次の基準で学校が実施の有無を判断し、教育委員会に相談のうえ決定します。

  1. 同一の学級で複数の児童生徒の感染が判明した場合
  2. 感染者が1人でも、風邪などの症状がある人が複数いる場合
  3. そのほか、学校長が必要と判断した場合

学校の「要待機者」となる範囲

接触状況確認基準(PDF:129KB)(別ウィンドウで開きます)や陽性者からの聞き取りに基づき、学校が「要待機者」を特定します。

次のいずれかに該当する場合は「要待機者」となります。

  1. 学校生活において、陽性となった児童生徒と1メートル以内の距離で、マスクをせずに15分以上の接触などがあった場合
  2. 同じ部活動などで密接な接触があった場合
  3. 合宿や寄宿舎で同じ部屋になるなど特別な接触環境にあった場合

マスク着用の考え方

屋内か屋外か、会話を行うか行わないかにより、マスク着用の必要性が変わります。

  1. 特に夏場については、熱中症防止の観点から、屋外の「着用の必要がない」場面で、マスクを外すことを推奨(登下校、体育、部活動中は外すように指導)
  2. 高齢者と会うときや病院に行くときなど、ハイリスク者(感染した場合に重症化リスクの高い人)と接触する場合にマスクを着用すること。

マスク着用の考え方及び就学前時の取扱いについて(PDF:384KB)

厚生労働省:屋外・屋内でのマスクの着用について(PDF:386KB)(別ウィンドウで開きます)

療養中や自宅待機中の学力保障

児童生徒またはその家族が陽性になった場合、要待機者や濃厚接触者となった場合、学級閉鎖になった場合など登校できない期間においても、児童生徒の体調を考慮しながら次のような学力保障を行っていきます。

  1. 1人1台タブレットを使ってドリル学習や授業のライブ配信、同時双方向のリモート授業の実施
  2. プリント学習(復習が中心)
  3. 問題集(学校で購入)

飛沫防止ガード(デスクガード)の設置

原則、自席でマスクをつける学習や活動では設置せず、次のようなマスクを外す場面で設置します。

  1. 給食の時間
  2. 給食後の歯磨きを自席で行う場合
  3. 鍵盤ハーモニカやリコーダーなどの楽器を使用する活動
  4. そのほか、表情を見る必要がある活動

距離の確保や換気が十分になされている場合は、飛沫防止ガードを設置せず、マスクも着用しないことも考えられます。各学校の実態、状況に応じて対応しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

学校教育課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9158