ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 【感染症拡大防止】ごみの出し方について

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

【感染症拡大防止】ごみの出し方について

感染症拡大防止のため、ごみの出し方にご協力ください

ごみ処理は皆さまの生活を維持するために不可欠なサービスです。

収集運搬、処理、処分を安全かつ継続的に行うためご協力をお願いします。

ご家族の人や地域の人などへのウイルス感染を防止するために、使用済みのティッシュやマスクなどの捨て方に市民の皆さんのご協力をお願いします。

  • 使用したらすぐにビニール袋などに入れ、密閉してから指定袋に入れましょう。
  • 指定袋をしっかりしばって密閉してからごみステーションに出しましょう。
  • ごみステーションに出されたごみが、散乱することがないようにしましょう。
  • ごみを出された後はすぐに手を洗いましょう。
  • 路上などへのポイ捨ては絶対にやめましょう。
  • 感染者と感染の疑いがある人が触れたものは、消毒液で消毒した後、排出してください。

感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方(PDF:345KB)

医療関係機関や、その廃棄物を取り扱うみなさまへ(PDF:165KB)

宿泊療養施設の廃棄物を取り扱うみなさまへ(PDF:316KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

生活環境対策課環境・リサイクル推進係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9175