ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 分別 > よくあるお問い合わせについて(分け方・出し方)

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

よくあるお問い合わせについて(分け方・出し方)

<まずはじめに>

ここでは、問い合わせが多かったものを掲載しています。

唐津市のごみの分別の詳細については「家庭ごみの分け方・出し方」をご覧ください。

 

「家庭ごみの分け方・出し方」は市役所(生活環境対策課)や市民センター(総務・福祉課)で配布していますので、ぜひご活用ください。

ペットボトル

petbottle

<ペットボトルの出し方>

←ペットボトルの識別表示マークがついているものが対象です。

1.キャップとラベルをとる2.中を水洗いする3.専用の回収容器に入れるペットボトル回収容器の写真

 

 

【出せないもの】→燃えるごみへ出してください

マークがついていないもの

汚れがひどいもの(油が入っていたものなど)

 

資源物の日以外にも市役所・イオン唐津店・スーパーモリナガ唐津店で回収しています。ぜひご利用ください。

紙類

<紙パックの出し方>蓋つきの牛乳パックのイラスト

1.中を水洗いする2.パックを開く3.ひもで束ねて出す

 

内側が銀色またはビニール加工してあるものは燃えるごみへ出してください。

プラスチックの蓋つきの牛乳パックは燃えるごみへ出してください。

 

【出せないもの】→燃えるごみへ出してください

防水加工されたもの(紙コップ・紙皿)、感熱紙(レシート)、カーボン紙(宅急便の伝票)、

印画紙(写真)、圧着はがき(公共料金の請求書)、食品残渣のついた紙(ピザ・ドーナツの箱)など

布類

<布類の出し方>

衣類・毛布・カーテンなどの布類は中身が確認できる透明な袋に入れて出してください。

 

【出せないもの】→燃えるごみまたは粗大ごみへ出してください

布団やクッションなど中に綿の入ったもの

ビニール製や革製のもの

汚れているもの(動物の毛などが大量に付着しているなど)

【注意】布類が濡れてしまうと資源としての活用ができなくなります。雨や雪の日には「衣類」を出さないようご協力をお願いします。

缶類

<スプレー缶の出し方>

1.必ず中身を使い切る2.穴あけ器などで穴をあける3.缶類として出す

ず中身は新聞などに吹き付けるなどして使い切ってください。(中身を吹き付けた新聞などは燃えるごみ)

外の風通しの良いところで行ってください。

穴が開いていないものは回収できません。スプレー缶に穴をあけている写真

(ごみ収集車やごみ処理施設内で爆発して、重大な事故につながります)

 

スプレー缶などのガスは完全に抜いて出しましょう!!

その他

<一升びんの出し方>

中を水洗いして出してください。

一升びんにおいては黒色・緑色・茶色のものが「生きびん」の対象となります。

ビールびんも「生きびん」の対象となります。

黒色・緑色・茶色の一升瓶の写真

 

【出せないもの】→びん類として出してください。

上記以外のびん、割れたびん

 

 

生きびん(リターナブルびん)とは?

自治体や店舗での回収後、きれいに洗浄され再び中身を詰めて繰り返し使用されるびんのことです。

 

問い合わせ

生活環境対策課環境・リサイクル推進係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9175