ホーム > 暮らし > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) > 証明書のコンビニ交付サービス

ここから本文です。

更新日:2022年5月23日

証明書のコンビニ交付サービス

1

マイナンバーカードを利用して全国のコンビニエンスストアで住民票の写しや税の証明などの証明書を取得できます。
コンビニ交付サービスでは、申請書を書く必要がなく、市役所の窓口で待つこともありません。市役所が開庁していない夜間や休日などにも利用できます。また、手数料が市の窓口よりも50円安くお得です(戸籍の証明書を除く)。ぜひ利用してください。

 

お知らせ

 

内容
お知らせはありません

 

 

サービス利用停止日について

次の期間は、システムメンテナンスのため、コンビニ交付サービスが一部利用できなくなります。
なお、戸籍全部・個人事項証明書については、通常時も、平日午前9時から午後5時までの時間以外はサービスの利用はできません。

サービス利用停止日

停止する証明

令和4年5月26日

税の証明のみ
6月8日 税の証明のみ

 

コンビニ交付サービス開始日

令和3年10月25日

 

コンビニ交付サービスで取得できる証明書と手数料

  1通の手数料
コンビニ交付 市役所窓口
住民票の写し

250円

300円

印鑑登録証明書

250円

300円

戸籍全部・個人事項証明書

450円

450円

戸籍の附票の写し

250円

300円

課税証明書

250円

300円

所得証明書

250円

300円

所得・課税証明書

250円

300円

 

利用できる時間

  利用時間
戸籍以外の証明書

午前6時30分から午後11時まで

戸籍の証明書 平日午前9時から午後5時まで

年末年始(12月29日から1月3日まで)やメンテナンス時は利用できません。

 

利用できる店舗

マルチコピー機が設置されている全国の店舗で利用できます。

 

市内で利用できる店舗

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • イオン九州株式会社(イオン、ザ・ビッグ)

利用できる店舗情報(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

注意事項

  • コンビニで支払った手数料の免除や返金はできません。
  • コンビニ交付サービスで取得した証明書の交換はできません。
  • 除票になった住民票、除籍、改製原戸籍の証明書は、コンビニ交付サービスでは交付できません。
  • 戸籍の届け出や住民異動届の手続きをした場合や市県民税の税額更正などがある場合は、異動情報が反映されるまで証明書を取得できない場合があります。
  • 税証明書は、過年度分は取得できません。
  • コンビニ交付サービスで取得できる税証明書は本人のものに限ります。同一世帯であっても取得できません。
  • 税証明書は賦課期日の1月1日に唐津市に住民登録があり、市・県民税の納税または申告をしている人に限ります。なお、1月1日時点で唐津市に住民登録があっても、現在の住所地が市外である人は、コンビニでの税証明書の取得はできません。
  • 被扶養者で市・県民税の申告をする必要がない人であっても、コンビニでの税証明書の取得はできません。
  • マイナンバーカードの暗証番号を3回連続して間違えるとロックがかかり、サービスが利用できなくなります。ロックがかかった場合は、本庁市民課か市民センターの窓口で本人が暗証番号の再設定の手続きをしてください。

 

コンビニ交付サービスの利用にはマイナンバーカードが必要です

コンビニ交付サービスの利用には、マイナンバーカードが必要です。申請から受け取りまで2か月ほどかかる場合があります。必要なときにすぐ使えるように早目に申請しましょう。マイナンバーカードの申請手続きは、こちらを確認してください。

マイナンバーカードを作りましょう(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

問い合わせ

市民課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9120

税務課

電話番号:0955-72-9117