ホーム > 健康・福祉・子育て > 地域福祉 > フードバンク活動をご存知ですか?

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

フードバンク活動をご存知ですか?

フードバンク活動とは

包装の印字ミスや賞味期限が近いなど、食品の品質には問題ないが、通常の販売が困難な食品・食材を、NPOなどが食品メーカーから引き取って、福祉施設などへ無償提供するボランティア活動です。

また、一般家庭にある食品をフードバンク団体や福祉施設などに寄付することを「フードドライブ」と呼びます。

フードバンク活動に取り組むメリット

食品の提供を受ける側のメリット

食費を減らすことで、浮いた費用を福祉施設のほかの活動に充てることができる。

嗜好(しこう)品など普段食べられないものを食べることができる。

食品を提供する側・社会全体のメリット

困っている人に食べ物を提供することで、社会貢献ができる。

食品ロスを減らし、ごみ処理に関する費用や環境負荷を低減することができる。

フードバンク活動に取り組みたい人へ

令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行され、唐津市では様々な機会を捉えてフードバンク活動の普及に向けた取り組みを行っています。

フードバンク活動に取り組みたい人は、唐津市役所福祉総務課企画係まで問い合わせてください。

関連リンク

フードバンク(農林水産省ホームページ)(外部サイトへリンク)

フードバンク活動(消費者庁ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

問い合わせ

福祉総務課企画係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9252