ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 入札契約制度 > 現場代理人の常駐義務を緩和しました

ここから本文です。

更新日:2017年3月15日

現場代理人の常駐義務を緩和しました

次のとおり唐津市発注工事での現場代理人の常駐義務緩和を拡大することにしました。

現場代理人の兼任を認める要件について

次の要件をすべて満たす場合に限り、現場代理人の兼任を認めることとします。

  1. 兼任できる工事は、現場代理人1人につき3件まで(工種不問)であること。ただし、近接工事は1件として取り扱う。
  2. 唐津市(水道事業及びボートレース事業を含む)発注工事であること。
  3. 工事の施工場所が唐津市内にあること
  4. 請負金額の合計額が、当初契約金額で4,000万円(消費税相当額及び地方消費税相当額を含む)未満であること。ただし、次の工事は含まない。
    1. 現場代理人が主任技術者を兼任する工事で主任技術者の専任を要するもの
    2. 現場代理人が監理技術者を兼任する工事
  5. 現場代理人は、原則として兼任する工事に対応する建設業法第26条第1項に規定する主任技術者の資格を有する者であること。
  6. 現場代理人は、兼任する工事の監督員と常時連絡を取れる体制にあること。

佐賀県発注工事との現場代理人の兼任

佐賀県発注工事との現場代理人の兼任については、上記の要件(2の要件を除く)をすべて満たす場合に認める。この場合において、兼任できる工事の件数は、唐津市発注工事を含め3件で、その合計が当初契約金額で4,000万円(消費税相当額及び地方消費税相当額を含む)未満までとする。

通知文および様式など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

契約管理課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9240