ホーム > 暮らし > 定住促進 > UJIターン支援情報

ここから本文です。

UJIターン支援情報

唐津市の風景

ようこそ、唐津へ

唐津市は、海・山・川がそろい、美しく変化に富んだ自然と大陸からの交流の歴史を背景に、農林水産業をはじめとする産業のほか、伝統工芸「唐津焼」が全国的にも大変有名です。また、九州最大の都市、福岡市から車で約60分、電車で約70分とアクセスも大変便利です。
各地域の宝(魅力)を大切にしながら、市民協働で元気なまちづくりを目指しています。

  • 唐津市移住支援サイト「唐津暮らし〜ここちよい生活のはじまり〜」

唐津暮らしバナー(外部サイトへリンク)

唐津生活を体験してみませんか?-募集中-

将来唐津への移住を考えている人に、唐津での生活を体験してもらう移住モニターを募集します。

夫婦・家族向けのプラン、単身者向けのプランを用意しています。

住居利用料・水道光熱費の負担は基本的にはありません。唐津生活を体験してみませんか。

詳細はこちらをご覧ください

唐津市地方創生移住支援事業補助金(2019年10月から)

東京圏から唐津市への移住・定住を促進するため、東京23区に在住又は通勤していた方のうち、唐津市に移住し、就業又は創業を行った方に対して補助金(2人以上の世帯:100万円、単身者:60万円)を交付します。

詳しくはこちらをご覧ください。

移住促進ガイドブック「唐津で暮らそう」

唐津で暮らすことの「ここちよさ」をまとめた移住促進ガイドブックを作成しました。

唐津市の空き家について

唐津市空き家バンク制度

市内の空き家の有効活用と移住を促進させるため、空き家バンク制度を設けています。

唐津市空き家改修事業補助金

空き家バンクに登録され、空き家バンク制度を通して入居者が決まっている物件の改修費を補助します。

UJIターン支援情報

このページでは、仕事のこと、就農のこと、住まいのこと、子育て・教育環境のこと、日々のくらし(交通、医療)のことなど、移住した人・これから移住する人からよく尋ねられる情報を掲載しています。

首都圏相談窓口

東京有楽町にあるNPO法人ふるさと回帰支援センター内に「さが移住サポートデスク」が開設されました。首都圏在住の人で、唐津への移住をお考えの人はお気軽にお越しください。専任の移住コーディネーターが仕事・住まいなどの相談にきめ細やかに対応します。

  • 場所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階NPO法人ふるさと回帰支援センター内
  • 開設時間:10時00分~18時00分(月曜日、木曜日、祝日・祭日はお休みします)
  • 電話番号:090-1657-8205(首都圏相談窓口)0952-25-7551(佐賀県庁)
  • メール:saga@furusatokaiki.net
  • 移住コーディネーター:矢野理恵子(佐賀市出身)

福岡都市圏相談窓口

さが移住ナイター相談会

福岡市博多区にある博多バスターミナル9階貸ホールに「さが移住ナイター相談会」が開設されています。唐津への移住をお考えの人はお気軽にお越しください。佐賀県の移住コーディネーターと一緒に仕事・住まいなどの相談にきめ細やかに対応します。

  • 場所:福岡県福岡市博多区博多駅中央2-1博多バスターミナル9階貸ホール
  • 開設日:毎月第2、第4水曜日
  • 開設時間:17時30分~20時30分(年末年始、祝日・祭日はお休みします)
  • 問い合わせ

さがIJU女子相談会【女性限定・要予約】

佐賀県への暮らし・しごと(就職)に関心がある女性を対象とした「さがIJU女子相談会」を開催しています。佐賀県の移住コーディネーターと一緒に仕事・住まいなどの相談にきめ細やかに対応します。

  • 場所:天神イムズ3階ローカルデベロップメントラボ内(福岡県福岡市中央区天神1丁目7番11号)
  • 開設日:毎月第2、第4水曜日
  • 開設時間:14時30分~16時30分(年末年始、祝日・祭日はお休みします)
  • 問い合わせ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

移住・定住促進課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7149