ホーム > 産業・ビジネス > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症がセーフティネット保証4号の認定事由に指定されました

ここから本文です。

更新日:2020年3月30日

新型コロナウイルス感染症がセーフティネット保証4号の認定事由に指定されました

経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により売上高等が減少している中小企業者・小規模事業者の資金繰りを支援するため、全国47都道府県を対象区域としてセーフティネット保証4号を発動することを決定しました。これにより、唐津市でも新型コロナウイルス感染症を事由としたセーフティネット保証4号の利用が可能となりました。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響によりセーフティネット保証4号の認定を受けて県の新型コロナウイルス感染症資金繰り対策資金(経営改善資金)を利用する場合は、保証料の全額を県が負担し、また、3年間に限り利子も県が全額補給します。

セーフティネット保証4号の概要

中小企業信用保険法第2条第5号に基づき、突発的災害(今回の場合は新型コロナウイルス感染症)の発生に起因して経営の安定に支障が生じている中小企業者を支援するため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。

この制度を利用するためには、本社(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市町村による認定を受ける必要があります。

対象事業者

次のいずれにも該当する中小企業者・小規模事業者が対象となります。

  1. 唐津市において1年間以上継続して事業を行っていること。
  2. 災害(今回の場合は新型コロナウイルス感染症)の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

【新型コロナウイルス感染症による認定基準の運用緩和】

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合には、前年実績のない創業者や、前年以降店舗や業容拡大してきた事業者であってもセーフティネット保証を利用できるよう、次のとおり認定基準の運用が緩和されています。詳しくは問い合わせてください。

  • 新型コロナウイルスの影響を受ける前などを基準として比較した場合に、売上高等が20%以上減少していること(ただし3か月以上の業歴が必要です)。

内容(保証条件等)

  • 対象資金:経営安定資金
  • 保証割合:100%保証
  • 保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円(セーフティネット保証5号とは併用可だが、同じ枠になる)

手続き

対象となる中小企業の方は、唐津市に必要書類を提出して認定を受け、希望の金融機関または佐賀県信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要です。

状況により他の融資制度が有利となる場合もありますので、まずは唐津商工会議所、唐津東商工会、唐津上場所商工会へ相談してください。

【必要書類】

  • 認定申請書(ワード:24KB)2部
  • 唐津市で事業を行っていることがわかる資料(登記簿謄本の写し等)1部
  • 月別売上表(エクセル:28KB)1部
  • 月別売上業に記載した、災害の影響を受けた後の最近1か月の売上高および前年同月とその後2か月の売上高がわかる資料(決算書、月別試算表の写し等)1部

※本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による審査があります。

問い合わせ先

唐津商工会議所 電話0955-72-5141
唐津東商工会 電話0955-62-2901
唐津上場商工会 電話0955-52-2118
佐賀県信用保証協会(外部サイトへリンク) 電話0952-24-4340

関連リンク

 

問い合わせ

商工振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9141