ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 補助・助成 > 重度心身障害者医療費助成について

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

重度心身障害者医療費助成について

唐津市では、一定の障がいがある人に、入院や通院で支払った医療費の一部を助成する、重度心身障害者医療費助成を行っています。ただし所得制限があります。

なお、出生日以降、中学3年生までの子どもがいる場合は、子どもの医療費助成制度に基づく「子どもの医療費受給資格証」の申請が必要です。

「子どもの医療費受給資格証」について詳しくは、「子どもの医療費助成(別ウィンドウで開きます)」のページで確認してください。

助成対象者

次のいずれかに該当する人

  1. 身体障害者手帳1級または2級を持っている人
  2. 知能指数が35以下の人
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級を持っている人(令和3年4月1日から新規対象)
  4. 身体障害者手帳3級を持ち、かつ、知能指数が50以下の人

精神障害者保健福祉手帳1級のみをお持ちの人が、精神科病床に入院した際の入院費用については、医療費の助成対象外です。

助成を受けるには、事前に認定申請が必要です。

助成内容

助成方法

口座振り込みによる償還払い

対象者負担額

入院・通院・薬局合わせて、ひとり一月500円

所得に関連した支給制限

前年の所得(収入から給与所得控除、障害者控除などを控除した額)が限度額以上ある場合は、その年度(8月から翌年の7月まで)は資格停止になります。

所得制限限度額表

扶養親族の数

請求者(本人)

配偶者と扶養義務者

0人

3,604,000円

6,287,000円

1人

3,984,000円

6,536,000円

2人

4,364,000円

6,749,000円

3人

4,744,000円

6,962,000円

4人

5,124,000円

7,175,000円

5人

5,504,000円

7,388,000円

6人以上

5,884,000円

7,601,000円

注意点

所得税法に規定する老人控除対象配偶者、老人扶養親族または特定扶養親族がある人は、上記限度額に次の額が加算されます。

1.本人の場合は、

  • 老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき10万円
  • 特定扶養親族1人につき25万円

2.配偶者と扶養義務者の場合は、老人扶養親族1人につき6万円

助成を受けるには

1.医療機関の窓口で医療費を支払う。

  • 出生日以降、中学3年生までの子どもがいる場合は「子どもの医療費受給資格証」を提示してください。

2.領収証(書)は医療機関ごと、1月ごと、診療科目ごと、対象者ごとにまとめてください。

3.「重度心身障害者医療費助成申請書」に必要事項を記入する。

  • 申請書は、医療機関ごと、1月ごと、診療科目ごと、対象者ごとに記入が必要です。
  • 申請書様式は、障がい者支援課と各市民センター総務・福祉課の窓口に用意しています。また市ホームページからダウンロードもできます。

4.必要事項を記入した申請書に2の領収証を添付して提出してください。

申請に必要なもの

  1. 印かん(朱肉を使用するもの)
  2. 助成対象者の健康保険証
  3. 領収証(書)

申請書様式

唐津市重度心身障害者医療費助成申請書(ワード:46KB)

唐津市重度心身障害者医療費助成申請書記入例および申請のながれ(PDF:124KB)

申請窓口

障がい者支援課または各市民センター総務・福祉課

注意事項

  1. 領収証(書)がない場合や保険点数、領収印がない場合など記入もれのある場合は、申請書の「医療機関等記入欄」に証明を受けて提出してください。
  2. 申請は診療月の翌月から1年以内にしてください。1年を超えると申請できません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

障がい者支援課 

〒847-0016 佐賀県唐津市東城内1番3号

電話番号:0955-72-9150