ホーム > 暮らし > 戸籍・住民票など > 住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどへの旧姓(旧氏)の併記ができるようになります

ここから本文です。

更新日:2019年10月30日

住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどへの旧姓(旧氏)の併記ができるようになります

令和元年11月5日から、住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できるようになります。

住民票、マイナンバーカードなどへ旧姓(旧氏)を併記できるようにするための住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が平成31年4月17日に公布されました。

これにより、婚姻などで氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を住民票に併記するための請求手続を行うことで、住民票の写し、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)を併記し、旧姓(旧氏)が各種証明に使えるようになります。

旧姓(旧氏:きゅううじ)とは?

「旧姓(旧氏)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

旧姓(旧氏)の併記が可能な書類

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明証
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 公的個人認証サービスの署名用電子証明証

届出人

  • 本人による申請
  • 代理人、使者による申請・・・別紙委任状が必要

委任状(旧姓記載請求)(PDF:99KB)

委任状(旧姓変更請求)(PDF:100KB)

委任状(旧姓削除請求)(PDF:100KB)

必要なもの

  • 併記したい旧姓が記載された戸籍から、現在の氏が記載された戸籍に至る、全ての戸籍謄本など
  • マイナンバーカード(お持ちの方)または通知カード
  • 印鑑
  • 本人確認書類・・・代理人が来庁する場合は、代理人の本人確認書類が必要(詳しくは、本人確認書類とはのページをご覧ください。)

ご注意

旧姓登録できる旧姓(旧氏)は一人1つのみです。

旧姓登録すると住民票の写し、マイナンバーカードなど、旧姓併記可能な書類の全てに旧姓(旧氏)

が併記されます。

旧姓登録すると住民票の写しなどには現在の姓(氏)と旧姓(氏)の両方が必ず表示されます。

請求書

 


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

市民課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9120