ホーム > 暮らし > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) > マイナンバーカードを作りましょう

ここから本文です。

更新日:2021年5月26日

マイナンバーカードを作りましょう

皆さん、マイナンバーカードを持っていますか。

マイナンバーカードは、さまざまな本人確認の場面で身分証として利用できる顔写真付きのカードです。今後、マイナンバーカードは皆さんの生活の中で活用する機会が増えてきます。

マイナンバーカードは申請してから受け取りまで2か月ほどかかりますので、余裕を持って早めにマイナンバーカードを作りましょう。

マイナンバーカードの申請方法

カードの申請には、個人番号カード交付申請書が必要です。交付申請書が手元にない人は、本庁市民課か市民センターの窓口で入手してください。
交付申請書を持っている人は、スマートフォンからQRコードを読み取りオンライン申請ができます。

顔写真を撮影するときの注意点

マイナンバーカードは、公的な身分証明書として利用できる顔写真付きのカードです。カード交付時に写真と本人の同一性が確認できない場合は、交付できませんので注意してください。

ご自身で顔写真を撮りオンラインや郵便で申請する人は、事前に顔写真のチェックポイント(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を確認してください。

顔写真の規格
  • 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル
  • 正面、無帽、無背景のもの

 

スマートフォンによる申請

  1. スマートフォンのカメラで顔写真を撮影します。
  2. 交付申請書のQRコードを読み込み、申請用WEBサイトにアクセスします。
  3. 画面に従って必要事項を入力し、顔写真を添付し送信します。

詳しくは、スマートフォンからの申請方法(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

 

郵便による申請

  1. 交付申請書の申請者氏名欄に氏名を記入し、顔写真を貼り付けます。
  2. 交付申請書の内容に間違いがないか確認し、送付用封筒に入れて郵送してください。

詳しくは、郵便による申請方法(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

以前の送付用封筒も使えます

平成27年10月から平成29年8月9日までに発送された通知カードに同封されていた送付用封筒も利用可能です。差出有効期間が平成29年10月4日までと表示されていますが、令和4年5月31日まで使用できます。切手を貼らずにそのまま使用してください。

送付用封筒を印刷できます

送付用封筒がない場合は、次のファイルを印刷してください。1ページ目の用紙を定型封筒に貼り付けるか、2ページ目の封筒そのものを組み立てれば使用できます。切手は不要です。

封筒材料(PDF:156KB)(外部サイトへリンク)

 

窓口での申請

本庁市民課か市民センターの窓口では、無料で顔写真の撮影サービスを実施中です。運転免許証など本人確認書類と印鑑を持ってお越しください。
窓口が大変込み合う場合がありますので、時間に余裕をもってお越しください。

そのほかの方法による申請

自宅のパソコンのほか、対応しているまちなかの証明写真機からも申請ができます。
詳しくはマイナンバーカード交付申請(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

 

代理人による申請

15歳未満の人、成年被後見人の人は、その人の法定代理人(親権者や未成年後見人、成年後見人など)の人が申請してください。

 

カードの受け取りについて

カードをお渡しできるようになるまで2か月ほどかかります。準備ができたら受け取りの方法について、郵便でお知らせします。

受け取りについては「マイナンバーカードの受け取りについて(別ウィンドウで開きます)」をご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

市民課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9120